no

ホクホクとした味わいが魅力の芋類のなかで水分が多めなさといもは、少し変わった存在感を発揮しています。

ぬめりが多くて調理しにくいイメージもあるかもしれませんが、そのぬめりもまた健康効果の期待できる成分です。

管理栄養士のチカさん

せっかくの食材ですので、苦手意識を少しでも克服していただいて楽しんでいただけるように、ご紹介していきたいと思います。

さといもの種類

さといもは、親芋と呼ばれる大きな芋を栽培していって、親芋の周りに子芋と言われる芋が育っていくような育て方をします。親芋と子芋の両方を食べるものもあれば、子芋だけを食べるものもあります。

「石川早生」「土垂」といったよく見かける品種は子芋を食べる品種ですが、お正月のときに楽しむ「八つ頭」もさといもの仲間で、こちらは親芋も子芋もどちらも食べます。

また葉柄の部分も「ずいき」と呼ばれて、野菜として食べられています。シャキシャキとした歯ごたえのある部分ですので、油炒めなどに向いています。

 

さといもの栄養

さといものぬめりは「ムチン」や「ガラクタン」という成分です。これは炭水化物とたんぱく質が結合して生まれるもので、芋類になかでさといもは比較的多くたんぱく質も含んでいます。

炭水化物では糖質だけでなく食物繊維も豊富です。そのほか、ミネラルではカリウム、ビタミンではビタミンEやビタミンB群などを含んでいます。

エネルギー 58キロカロリー
水溶性食物繊維 0.8グラム
不溶性食物繊維 1.5グラム
カリウム 640ミリグラム
α-トコフェロール(ビタミンE) 0.6ミリグラム
ビタミンB1 0.07ミリグラム
ビタミンB6 0.15ミリグラム
葉酸 30マイクログラム

※いずれも さといも 球茎 生 100グラムあたりの値。
参照:日本食品標準成分表2015年版(七訂)

 

さといもの健康効果

ムチンやガラクタンといったぬめり成分は、水溶性食物繊維の一種で胃粘膜を保護して胃腸の機能を高める働きがあります。

ガラクタンには脳細胞に作用して活性化させる働きや、血圧を下げる働きも知られています。また免疫力も高めるので、がんの予防への効果も期待できると考えらえています。

ムチンもガラクタンも水溶性食物繊維ですので、水に溶けて膨れることでコレステロールの吸収を抑制する効果も期待できます。

抗酸化作用のあるビタミンEを含み、血行改善にも効果がありますので、温かい汁物の具材などにはピッタリの食材だと言えるでしょう。

 

さといもの選び方

泥付きのままで購入するのは抵抗があるかもしれませんが、表面が乾きにくいのでオススメです。押してみてふかふかしないようなものを選びましょう。また皮に緑色になっている部分が無いようなものを選ぶようにしましょう。

乾燥や寒さには耐久性が低いので、冷蔵庫保存は適していません。

 

さといもの食べ方

さといもの調理で敬遠されるのが、皮をむくときに手がかゆくなってしまうところではないかと思います。これは、さといもに含まれるシュウ酸が原因と考えられます。

調理の際にさといもを酢水につけたり、手指に酢や塩をつけたりしてからむくと、かゆみが和らげられます。

ぬめり成分は健康効果が期待できるので、長時間火を通し過ぎてぬめり成分を落とし過ぎないように気をつけましょう。短時間でゆでて、でてきてしまったぬめりだけをさっと水で洗い流す程度に処理をすると良いでしょう。

蒸すとシュウ酸は除去できませんがぬめり成分は多く摂取できるので、時には違った調理法も取り入れてみていただくと良いと思います。

 

さといも・まとめ

管理栄養士のチカさん

さといもは、山に育つ「やまのいも」に対して、里に育つので「さといも」と言われたとされています。

地方によっては「芋煮会」が催されますが、ここで活躍するのもさといも。豊作や子孫繁栄の願いが込められている、秋の味覚の一つなのです。

古くから食べられているせいか和食のイメージが強いのですが、実は乳製品とあわせてもクリーミーで、水分多めでねっとりとした味わいがよく合います。

グラタンなどの洋食でも楽しむことができますので、季節感のある芋類として、また寒くなる前からの風邪予防として、手に取ってみてください。

 

 

この記事を書いた人

管理栄養士のチカさん
管理栄養士のチカさん
1999年に管理栄養士の資格を習得。
現在フリーの管理栄養士として、食関連資格教材作成、専門学校講師、栄養講話講師などの仕事をしています。
スポンサーリンク