no
Pocket

カリフラワーはキャベツの仲間って、ご存じですか?

キャベツが変異したもので、花蕾(からい)部分が全体的に包まれた状態で肥大した部分を、私たちはカリフラワーとして楽しんでいます。

同じくキャベツが変異して花蕾を食べるブロッコリーと比べると、ブロッコリーの花蕾がつぶつぶとした食感を持つのに対し、花蕾全体がやわらかい優しい食べ口ですよね。

管理栄養士のチカさん

人気はややブロッコリーに押され気味でしたが、最近は人気の品種も出てきて注目されています。

カリフラワーの種類

白い花蕾を食べる「ホワイト」を多く見かけると思いますが、花蕾部分がオレンジ色のものや紫色のものもあります。

ただし紫色のものはゆでるとあざやかな緑色に変化します。

カリフラワーの仲間で最近人気なのが、ロマネスコ。花蕾部分は黄緑色で、恐竜のようなゴツゴツとした形をしています。

食感はやわらかく、甘みは濃厚で、味わいがしっかり感じられます。イタリア野菜としてパスタや温野菜など、外食などでは多く見かけるようになってきました。

 

カリフラワーの栄養

キャベツの仲間ということもあり、アブラナ科野菜が含んでいる含硫化合物、アリルイソチオシアネートを含みます。

またビタミンCやビタミンKといったビタミン類も豊富。カリウムや食物繊維といった生活習慣病予防に摂っておきたい栄養素もしっかりと含まれています。

エネルギー 27キロカロリー
水溶性食物繊維 0.4グラム
不溶性食物繊維 2.5グラム
カリウム 410ミリグラム
ビタミンK 17マイクログラム
ビタミンB1 0.06ミリグラム
ビタミンB2 0.11ミリグラム
ビタミンB6 0.23ミリグラム
葉酸 94マイクログラム
パントテン酸 1.30ミリグラム
ビタミンC 81ミリグラム

※すべて カリフラワー 花序 生 100グラムあたりの値。
参照:日本食品標準成分表2015年版(七訂)

 

カリフラワーの健康効果

イソチオシアネートは発がん物質を解毒・排泄する作用が知られている機能性成分です。

発がん抑制効果としては、免疫力を高めてくれる点でも良い作用をもたらしてくれます。

カリフラワーは免疫力を高めてくれる栄養素であるビタミンCもしっかり含んでいるため、相乗効果が期待できます。

ビタミンCは風邪のウイルスを抑えることで免疫力を高めてくれるほか、コラーゲンの生成に関与して組織を強固にします。

もちろんメラニン色素の沈着を防ぐといった美容効果でも注目されることの多い栄養素です。

余分なナトリウム排泄をしてくれるカリウムと、腸内環境を整えてくれる食物繊維を含んでいる点では、高血圧をはじめとする生活習慣病予防に働くことが期待できます。

 

カリフラワーの選び方

花蕾を楽しむものですので、蕾のきめが細かくて、しっかりしまったものが良いでしょう。色味はしみなどがないような、きれいなものを選びましょう。

傷むのが早いので、保存の際にはビニール袋に入れて冷蔵庫に入れるか、ゆでてから冷凍保存します。

もともと口あたりがやわらかいので、解凍後にやわらかくなり過ぎないためには、しっかり水気をきってから冷凍すると良いでしょう。

 

カリフラワーの食べ方

ビタミンB群を豊富に含むことから、エネルギー産生栄養素(炭水化物・脂質・たんぱく質)と一緒に摂ると、代謝を助けてくれます。サラダだけでなく、パスタの具材やお肉料理のつけあわせにしても良いでしょう。

ビタミンB群もビタミンCも水溶性ですので、ゆでると流出してしまいます。蒸し調理や電子レンジなどでの調理は損失が少ないでしょう。

白さを際立たせてきれいに仕上げたい時には、ゆでる時に酢か小麦粉を加えると白く仕上がります。

 

カリフラワー・まとめ

管理栄養士のチカさん

風邪の気になる季節にはぜひ食べておきたいカリフラワー。

カリフラワーの食感がやわらかいのは、茎のてっぺんにできた花芽の塊を、葉が大きく包むようにして育つからです。

全体が一つの塊のようになって成長します。ブロッコリーは幹や茎がどんどん枝分かれして花蕾を持っていくので、つぶつぶとした食感になります。

同じくキャベツのルーツでもあるケールを祖先に持つもの同士、一皿に取り合わせると、色合いも鮮やかに、また食感の違いも楽しめるお料理になります。もちろん栄養価も期待できますよ。

 

 

この記事を書いた人

管理栄養士のチカさん
管理栄養士のチカさん
1999年に管理栄養士の資格を習得。
現在フリーの管理栄養士として、食関連資格教材作成、専門学校講師、栄養講話講師などの仕事をしています。
スポンサーリンク