no
Pocket

ダイエットをはじめる前に

男性の方で、「これから、ダイエットをしたい」と考えている方もいると思います。男性の場合には、「今回が、はじめてのダイエット」という方も、多いのではないでしょうか。男性の場合には、女性と比べると、体重などをそれほど気にすることもありませんから、ダイエット経験がない方も多いと思います。そのため、ダイエット方法なども、「どうやったら良いのか、分からない」という方も多いのではないでしょうか。

では、まずダイエットをはじめる前に、必要な基礎知識をご紹介しましょう。「最近、急に太ってきた」という方は、太ってきた原因に思い当たることはありますか。「最近、外食が多かった」「飲み会が、続いていた」という方は、高カロリーの摂取が原因と考えられるでしょう。「デスクワークが多くて、通勤以外、体を動かすことがない」という方は、運動不足が考えられます。まずは、自分はどうして太ってしまったのか、原因を探っていくことが必要。そして、ダイエットをはじめる際には、目標を決めて置くことも大切となります。何㎏まで、落としたい。3カ月で、何㎏落としたいなど、目標を決めておくことで、ダイエットのモチベーションを高めていくことが出来ますよ。更に、取り入れるダイエット方法の選び方は、何よりも効果の高いものを選ぶのではなく、続けられるダイエット方法を選ぶことが重要となります。どんなに効果のあるダイエット方法でも、辛いダイエットでは続けることが出来ませんし、ストレスになり、逆に過食に走ってしまう可能性もありますからね。

このように、ダイエットをはじめる前に、まずは準備を行いましょう。

外食時の対処方法

ダイエットをはじめると、「外食は、出来れば避けたい」と考える方が多いと思います。外食となれば、高カロリーなメニューが多いですし、お酒なども飲みたくなってしまいますから、「誘惑に負けてしまいそう」という方も多いでしょう。しかし、仕事柄どうしても、接待などがありますから、断るわけにはいきませんよね。

では、そんな外食時の対処方法について、ご紹介しましょう。外食の場合には、やはり高カロリーなメニューが多いため、メニュー選びが大切となってくるでしょう。最近では、メニュー表にカロリー表示をしているお店も増えてきていますから、そのカロリーをチェックした上で、注文していくと良いでしょう。ランチであれば、500キロカロリーから700キロカロリー程度のものであれば、ダイエット中でも問題ないでしょう。「カロリー表示がないところは、どうしたら良いのだろう?」と思いますが、メニューを見て低カロリーと思うメニューを選べば大丈夫。普段から、お店などでカロリーチェックをしていると、自然とどのメニューが高カロリーで、どれが低カロリーなのか、判断でいるようになりますよ。また、食事の際には、ゆっくりと食べることもダイエットには欠かせません。1口、300回前後は噛むようにして、早食いは止めましょう。忙しいと、どうしても早食いになりがちですが、早食いは必要以上の量を摂取してしまいますから、注意が必要。

このように、外食時には、メニュー選び、ゆっくりと噛むことを心がけて、ダイエットに励んでくださいね。

お酒について

男性の場合には、「接待が多い」という方もいれば、「付き合いが多くて、飲む機会が多い」という方も多いと思います。ダイエットをしていると、このお酒の席というのも、とても気になりますよね。
では、ダイエット中のお酒について、ご紹介しましょう。みなさんは、普段はどのくらいの量のお酒を摂取しているでしょうか。ダイエットの際、「お酒は、一切摂ってはいけない」ということは、ありません。接待などは、仕事にはとても大切な場となるでしょうし、同僚や友達との飲み会などは普段のストレス発散の場にもなるでしょうから、大切な時間といえるでしょう。しかし、この時に気を付けなければいけないのは、お酒の摂取量。もちろん、多ければ多い程、体には良くありませんし、ダイエットにも影響を及ぼしてしまいます。「どのくらいの量であれば、摂取しても良いの?」と思われる方もいると思いますが、ビールであれば、中瓶1本程度が理想的。「それくらいしか、飲めないの?」とがっかりする方もいるでしょう。しかし、全く飲めないわけではありませんから、体のことも考えれば、これは適切量といえるでしょう。お酒が進めば、知らず知らずのうちに、食べ物なども食べてしまいますから、ダイエットには禁物。
このように、ダイエットをしている最中でも、お酒を飲むことは構いません。しかし、飲む量は抑える必要があります。お酒は、肝臓機能などを弱めてしまう可能性もありますから、健康のことも考え、量を抑えるようにしましょう。

運動について

男性の方で、ダイエットをしたいと考えている方は、みなさんどのくらいの運動をしていますか。学生の頃は、何らかのスポーツをしていた方も、多いのではないでしょうか。しかし、社会人になると、なかなか時間を取ることが出来なくなりますし、仕事が終われば疲れてしまい、運動どころではないという方も多いでしょう。

では、男性の運動について、ご紹介しましょう。ダイエットを行うためには、やはり適度な運動は取り入れた方が良いでしょう。運動をすれば、汗をかくことも出来ますから、ストレス発散効果や気分転換にもなりますから、毎日取り入れたいもの。しかし、毎日帰宅時間が夜の9時や10時を過ぎる方にとっては、「そんな運動を取り入れる時間はない」という方も多いと思います。帰宅時間が早い方でも、「わざわざ、運動をする時間を取りたくない」という方もいるかもしれませんね。そんな方は、普段の通勤の際、仕事の際などに、上手に運動を取り入れてみませんか。例えば、通勤の際にバスや電車などを使用している方もいると思いますが、駅までは自転車を使ってみる、一駅分は歩いてみるだけでも、運動を取り入れることが出来ます。会社の中で、いつもエレベーターを使っている方は、階段を使ってみるのも良いでしょう。

こう考えると、意外にも運動を取り入れるタイミングは、たくさんあるもの。男性の方で、ダイエットをしたいと考えている方は、ぜひ仕事中や通勤の際に工夫をしてみてくださいね。

標準体重の出し方

「太ってきた」と感じている男性の方は、きっと痩せていた頃の体型や体重などを思いだしていると思います。身軽だった頃のことを思うと、「あの体を、取り戻したい」と思いますよね。ダイエットを行うためには、こういった自分の理想の体型があると思います。しかし、体重には慎重を元にした標準体重というものがありますから、ダイエットをする際には、この標準体重を目標にすると良いですよ。

では、標準体重の出し方について、ご紹介しましょう。BMI方式の標準体重の出し方は、多くの場で用いられている計算方法となります。出し方は、簡単。(身長-100)×0.9に当てはめることで、あなたの標準体重を知ることが出来ます。今現在のあなたの体重は、標準体重と比べると、どのくらいオーバーしているでしょうか。「痩せたい」と考えている方は、多くの方はこの標準体重以上に痩せたいと考えています。しかし、痩せすぎも健康にとっては良いものではありませんから、ダイエットを行う際には、この標準体重を目標とすることで、健康的なダイエットを行っていくことが出来ますよ。

ダイエットを進め、体重が標準体重になっても、「まだ、この辺の脂肪が気になる」という時には、更にダイエットに励むのも良いでしょう。最初から、大きな目標を立ててしまうと、逆に辛くなってしまいますから、まずは自分の標準体重をだし、この体重に向かってダイエットを進めていきましょう。そうすれば、きっと理想的な体に戻るはずですよ。

肥満度の出し方

「気が付いたら、かなり太ってきた」と感じている方は、近づいている健康診断などに、恐怖を感じている方もいると思います。肥満となってしまえば、健康に影響も出ますから、しっかりと自己管理を行い、ダイエットを行っていく必要があるでしょう。

では、今自分はどのくらいの肥満度となっているのか知るための、計算方法をご紹介しましょう。「太っている」と自分で思っていても、どのくらいの肥満度かなのかは、自分ではなかなか理解出来ないものですから、数字で表れることで、改めてダイエットの意思が固まるかもしれませんよ。肥満度の出し方もBMI方式となっており、BMI方式で出された、標準体重が必要となります。計算方法は、(実測体重-標準体重)÷標準体重×100で算出することが出来ます。例えば、158㎝、65㎏の方の肥満度を調べるためには、(65―55)÷55×100となり、18パーセント答えが出ます。ということは、この方は、18パーセントプラスの肥満度という結果になります。こうして、実際に数時で肥満度が分かれば、「これは、まずいなぁ」と実感しやすいですよね。ダイエットをしようと考えている方は、一度自分の肥満度を出してみると、よりダイエットのやる気が沸くかもしれませんよ。逆に、「太っている」と思っていた方が、それほど肥満ではないということも気づくでしょう。

このように、ダイエットを行う際には、自分の肥満度も理解しておくと、良いのではないでしょうか。

カロリーのコントロールについて

ダイエットを考えている男性の中には、「今まで、好きなものを、好きなだけ食べてきた」という方もいると思います。男性の場合には、女性ほどカロリーなどを気にする方も多くありませんから、自分の好きなだけ食べていたという方も多いと思いでしょう。しかし、そういった食生活を続けていくことで、どんどん太ってしまいますから、注意が必要。

では、カロリーコントロールにつちえ、ご紹介しましょう。まず、一般的に私たちが1日に必要と言われているカロリーは、女性の場合には、1,700キロカロリー。男性の場合には。2,000キロカロリーと言われています。もちろん、この必要カロリーは、それぞれの年齢や生活習慣によっても異なってきますが、目安として考えると良いでしょう。ダイエットをする際には、食事などで摂取したカロリーを、体を動かすなどでカロリーを消費すれば、太ることはありません。ということは、太ってきたという方は、消費カロリーに比べて、摂取カロリーの方が多いのです。ダイエットを行っていくためには、このカロリーを上手にコントロールしていくことが必要。「食べ過ぎたなぁ」という時には、出来るだけ体を動かして、カロリー消費すれば良いということ。

このように、ダイエットを進めていくためには、カロリーコントロールを上手に行っていくこともポイントとなります。特に、脂っこいものや甘い物が好きな方は、カロリーを過剰に摂取してしまっている可能性がありますから、気をつけましょう。

メタボ対策について

男性でダイエットをしたいと考えている方の中には、「メタボを、どうにかしたい」と考えている方も多いと思います。男性の場合には、体は細いにも関わらず、お腹周りだけポッコリと脂肪がついてしまっている方もいますから、「どうにか、改善したい」と考えている方も多いでしょう。

では、メタボ対策について、ご紹介しましょう。メタボ対策を行う場合には、単純に体重を落とすだけではなく、内臓脂肪を落としていくことが必要となります。この内蔵脂肪は、意外に細い方でもついている可能性がありますから、「自分は、大丈夫」安心は禁物。逆に、「太っているから、メタボだ」と思っている方の中には、内臓脂肪がなく、メタボではないという方もいます。メタボになりやすい人は、外食が多い方、高カロリーの食事が好きな方、濃い味付けが好きな方などがなりやすいでしょう。特に、ラーメンなどを食べる際、つゆまで全て飲んでしまう方は、要注意といえるでしょう。メタボ対策を行っていくためには、軽い運動で構いませんから、毎日続けて行っていくということが必要となります。散歩などでも構いませんから、毎日少しでも体を動かし、脂質や糖質などを消費するようにしましょう。

「メタボ対策をしよう」と考えると、ハードな運動を取り入れた方が良いと思われる方も多いと思いますが、内臓脂肪を燃やしていくためには、軽めの運動を、続けることが大切となりますので、無理のない程度で毎日続けることが必要となります。

肥満について

「社会人になってから、体重がどんどん増えてきている」と感じている男性の方も、多いと思います。仕事をし始めると、運動などをする機会も減ってしまいますし、接待などもありますから、太りやすくなりますよね。

では、気をつけたい肥満とは、どういったものなのか、ご紹介しましょう。肥満というのは、どういった状態のことを言うかというと、体脂肪が過剰に体の中に蓄積してしまった状態のことです。例えば、ボディービルダーの方は、体重が合っても、多くが筋肉量となっていますから、当然肥満とは言えませんよね。しかし、同じ身長で、筋肉がないにもかかわらず体重があるということは、体脂肪が多いということ。肥満になってしまうと、病気などを引き起こしてしまう可能性もあります。糖尿病や高血圧症、高脂血症、動脈硬化、睡眠時無呼吸症候群、ガンなどの病気を引き起こしてしまう可能性が高くなります。肥満に悩んでいる方は、「見た目を、どうにかしたい」と思われる方も多いと思いますが、実はこういった重大な病気などを引き起こしてしまう可能性が大きいということ。見た目だけではなく、健康維持のためにも肥満は改善していくことが必要となります。肥満の原因は、過食や摂食パターン、運動不足、遺伝などが考えられます。

「太り始めた」と感じている方は、早めにダイエットをスタートさせ、病気の予防も行っていきましょう。ダイエットのスタートは、早ければ早いほど、目標体重までの期間が短く済みますよ。

ダイエット方法

男性の方の中には、「これから、健康のためにも、本格的ダイエットをはじめよう」と考えている方もいると思います。やはり、太るということは、それだけ病気などを引き起こす可能性も大きくなりますから、今から予防を行っておくことも大切。

では、様々なダイエット方法について、ご紹介しましょう。ダイエット方法には、食事によるダイエット、運動によるダイエットに別けられます。理想は、栄養バランス、カロリーを抑えた食事を摂り、適度な運動を取り入れることですが、なかなか自分では難しいもの。そのため、自分に合ったダイエット方法を取り入れることが必要となります。例えば、食事に関するダイエット方法では、置き換えダイエットという方法があります。これは、1日の食事のうち、1食分を低カロリーのドリンクやジュースなどに置き換え、カロリーを抑えるという方法。夕食などに、置き換えを行えば、より効果を高めることが出来るでしょう。また、キャベツダイエットは、食事の前に刻んだキャベツをたっぷりと食べるというもの。キャベツでお腹が満たされますから、食事の量を抑えることが出来ますよ。運動系のダイエットの場合には、サイクリングを行ったり、水泳などを取り入れるという方法があります。運動が苦手な方は、毎日1時間程度家の周りをゆっくりと散歩するだけでも変わってきますよ。

このように、男性のダイエット方法は様々ありますから、「これなら、自分でも続けられそう」と思うものをチョイスしていきましょう。

スポンサーリンク