no
Pocket

トランス脂肪酸は炭素・水素・酸素からなる脂肪酸の結合で、二重結合をしている炭素に結合している水素が反対側にあるものを言います。同じ側にあるものは「シス型」といって天然に多く存在していますが、反対側にある「トランス型」は、加工油脂の製造工程で発生してしまうものです。ですから、マーガリンやショートニングといった油脂類はトランス脂肪酸含有が心配される油脂です。
トランス脂肪酸が「有害」とされるのは、摂り過ぎると心筋梗塞などの危険性を高めることが知られているためです。一部の国や地域ではトランス脂肪酸の含有量を食品表示に義務化したり、使用を禁止したりといった措置が取られています。
日本では、懸念する声があるなかで消費者庁などでは話し合いがなされているものの、表示の義務化や使用規制などは現時点では行われていません。これは日本で流通している食品の多くがすでにトランス脂肪酸に配慮されていて含有量がとても少ないことに加え、今の日本人の食生活では健康被害を及ぼすほどの摂取量にはならないだろうとされているためです。
確かにトランス脂肪酸の含有量は気になるところですが、トランス脂肪酸を気にするあまり、これまで使用していたマーガリンを全てバターに置き換えると…今度は飽和脂肪酸の摂り過ぎが問題になってくるわけです。
トランス脂肪酸については、加工した油脂の摂取量が多い方、またはパンや菓子に練り込みや揚げ油といった形で使われていることを考えるとこのようなものを食べる機会が多い方については、トランス脂肪酸の存在を正しく認識し、一部の油を代替したり、菓子類の摂取量を減らしてみたりすることは有効でしょう。

トランス脂肪酸に関するWHOの最新の科学的知見など、トランス脂肪酸の摂取と健康への影響(農林水産省)

スポンサーリンク