no

このページの目次

ヘルスマネージ大麦若葉青汁(キトサン)で食べ過ぎをコントロール

ヘルスマネージ大麦若葉青汁(キトサン)は、ついつい食べ過ぎてしまうという方の強い味方になってくれる青汁です。
大正製薬から発売された青汁で、青汁では珍しい特定保健用食品・トクホの商品となっています。
他の青汁にはないヘルスマネージ大麦若葉青汁ならではの特徴や、気になる通販情報について詳しくご紹介しましょう。

・コレステロールの吸収を抑制してくれるキトサンを含んだ青汁!

大正製薬から発売されたヘルスマネージ大麦若葉青汁は、トクホの青汁とあって期待も高まります。
年齢を重ねるごとに健康診断の数値が気になったり、お腹や太ももにつくぜい肉が気になるようになります。
若い頃のように代謝が良くないですから、ついつい食べ過ぎてしまうとすぐに健康診断の数値に現れたり、ぜい肉になってしまいます。
このような年齢とともに増える悩みがある方にぴったりなのがヘルスマネージ大麦若葉青汁です。
ヘルスマネージ大麦若葉青汁には、血中コレステロールの吸収を抑えてくれるキトサンが含まれている青汁です。
高カロリーの食事や運動不足によって悪玉コレステロール値が高くなると、血液がドロドロになり高血圧や肥満などの生活習慣病の原因となります。
ヘルスマネージ大麦若葉青汁なら、気になるコレステロールは抑えながら不足しがちな栄養素もばっちり摂れるのでおすすめです。

・4週間後に悪玉コレステロール値が低下!

ヘルスマネージ大麦若葉青汁は、実験でも実際に悪玉コレステロール値が低下したことが分かっています。
悪玉コレステロール値が高めの方を2つのグループに分けて、ヘルスマネージ大麦若葉青汁と類似品とをそれぞれ1日3袋ずつ飲んでもらう実験を行っています。
およそ3カ月間飲んでもらい、それぞれ悪玉コレステロール値の数値がどうなったかを比較したところ、ヘルスマネージ大麦若葉青汁を飲んだグループは青汁摂取から4週間後からガクンと数値が低下しました。
1日3包ずつコツコツと飲み続ければ、およそ1か月で結果が出ることが分かったのです。
もちろん個人差もありますし普段の食生活の改善や軽い運動も行うなどの心がけが大切ですが、ヘルスマネージ大麦若葉青汁は、健康が気になる方の強い味方になってくれそうです。

・青汁は飲みにくいから苦手!そんな人でも飲めるの?

しかし青汁は、飲みにくい苦いから苦手な方も多いです。
実際に青汁の中には飲みにくく苦いものがたくさんありますが、ヘルスマネージ大麦若葉青汁は青汁が苦手な方でも美味しく飲める大麦若葉がベースの青汁です。
青汁の苦さの元になっているのはケールです。
大麦若葉は食物繊維やビタミン、ミネラルなどの不足しがちな栄養素が豊富な野菜で、しかも味にはクセがないために最近の青汁の素材として人気です。
鉄分はほうれん草の8.8倍、葉酸は小松菜の6.5倍も含まれているので、その栄養価の高さが分かるかと思います。
ヘルスマネージ大麦若葉青汁では、農薬不使用の有機大麦若葉を使用しているのでより栄養価も高く、安心して続けられることも魅力です。

・公式ホームページには初回70%オフの定期コースが!

ヘルスマネージ大麦若葉青汁は、毎日続けて飲みたい青汁なので公式ホームページの定期コースを利用するのがおすすめです。
公式ホームページの定期コースを利用すれば、初回購入時にはなんと70%オフという激安価格になります。
毎回の送料も無料になって、2回目からも毎回10%オフになるので断然お得です。
初回激安価格になる定期コースですが、回数の縛りもなく、いつでもお休みもできるので安心して申し込みできます。
ヘルスマネージ大麦若葉青汁の定期コースには、さらに大正製薬から発売されている他の商品も10%オフになる嬉しい特典も用意されています。
コレステロール値が気になる中高年の方は、ぜひ定期コースでコツコツ続けてみて下さい。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁は大正製薬という大手製薬会社から発売されているという安心感も魅力ですね。
食事の改善や適度な運動だけでは今一つ効果が出ないという方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁(キトサン)バナーimp

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン
大正製薬

ヘルスマネージ大麦若葉青汁に配合されたキトサンの働きはこちら

ヘルスマネージ大麦若葉青汁は、血中コレステロールを抑制してくれるキトサンが含まれているトクホの青汁です。
ダイエットや健康食品でよく耳にするキトサンですが、どのような成分で具体的にどのような働きがあるのでしょうか。

・キトサンがコレステロールの吸収を抑える!その働きは!?

キトサンはエビやカニなどの甲殻類やイカの骨格、きのこ類の細胞壁などに含まれている成分です。
エビやカニ殻などに含まれているキチンから抽出される不溶性植物繊維の一種で、コレステロールや脂肪、毒素などにくっついて身体の外に排出してくれるという素晴らしい働きがあります。
血中コレステロールは、肝臓で胆汁酸となり小腸へと分泌されますが、その中の一部は再び肝臓へと再吸収されてしまいます。
小腸から再吸収されるのを抑制してくれるのがキトサンです。
不溶性食物繊維のキトサンは、小腸でも吸収されることなくそのままで、胆汁酸と吸着して便として排出してくれるのです。
胆汁液が体外に排出されると、胆汁液を補給しようとして血中コレステロールが活発に使用されます。
キトサンのこの働きによって、血中コレステロールは通常よりも消費が促進されます。
その結果、血中コレステロールが減少してさらに身体にコレステロールが吸収されるのを抑えることができます。

・キトサンに期待できる効果は!?

このようにキトサンには血中コレステロール値を低下するのに役立ってくれる働きがあります。
他にもキトサンには、肥満防止や解毒作用、高血圧の予防にも効果が期待できます。
キトサンは、食事から過剰に摂った脂肪分や塩分の吸収も抑えてくれる働きがあります。
身体に吸収される前に身体の外に排出してくれるので、肥満やむくみを予防できます。
キトサンは、さらに解毒作用のある肝臓でも処理できない毒素も体外に排出してくれ、血管の柔軟性を保ち血管老化を予防する働きもあります。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁に含まれているキトサンには、コレステロールの吸収を抑える他、肥満防止やデトックス、高血圧予防まで幅広い働きがある素晴らしい成分なのですね。

甘いものに目がない女性にもヘルスマネージ大麦若葉青汁がおすすめ

ショートケーキやドーナツ、お饅頭やアイスクリームなど甘いものに目がないとう女性も多いかと思います。
ウエスト周りについたぜい肉や、体重増加が気になるももの、どうしてもやめられないものです。
そんな女性にもおすすめなのがキトサン配合の青汁、ヘルスマネージ大麦若葉青汁です。

・甘いものがやめられない!そんな女性にもヘルスマネージ大麦若葉青汁がおすすめ!

女性はショートケーキやアイスクリーム、チョコレートなどの甘いもの大好きです。
家事や仕事の合間にホッと一息つくときには、コーヒーと甘いものが欠かせないという方も多いはずです。
甘いものを食べると心が落ち着き、幸せな気分になります。
糖分には幸せな気分にしてくれたり、疲れた脳の栄養分となる大切な栄養素ですが、摂り過ぎるのは問題です。
甘いものの食べ過ぎによりエネルギー過多になれば、当然余ったエネルギーが脂肪分として蓄積されます。
悪玉コレステロール値も高くなりやすく、高血圧や糖尿病なども心配です。
肥満や健康のことが気になるけど、甘いものがやめられないという方におすすめなのがヘルスマネージ大麦若葉青汁です。
ヘルスマネージ大麦若葉青汁には、キトサンが入っています。
キトサンは、血中コレステロールが上がるのを抑制してくれたり、糖分や脂肪分の吸収を抑制してくれる働きがあるので肥満予防にも役立ってくれます。
甘いものが大好きという女性のダイエット、肥満防止にも役立ってくれます。

・ストレスを上手く解消することも大切!

甘いものに目がないという女性は、ストレスを上手に解消することも大切です。
甘いものが食べたくなるのは、体に疲れやストレスが溜まっている証拠です。
確かに甘いものを食べると幸せな気持ちになりますが、それに依存していては肥満になりますし生活習慣病などにもつながります。
ウォーキングなどで軽く体を動かすだけでも気分がリフレッシュされて、ストレスが解消されるのでおすすめです。

甘いものに目がないという女性は、糖分や脂肪分をカットしてくれるキトサンが配合されたヘルスマネージ大麦若葉青汁を飲むと同時に、適度な運動などをしてストレスを上手に解消してくださいね。

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁(キトサン)バナーimp

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン
大正製薬

アレルギーや副作用は?ヘルスマネージ大麦若葉青汁の注意点

ヘルスマネージ大麦若葉青汁は、お肉や油っこい食べ物が大好きな人や野菜不足が気になっている人にぴったりの青汁ですが、アレルギーや副作用などの心配はないのでしょうか。
ヘルスマネージ大麦若葉青汁を飲む際に注意しておきたい事について調べてみました。

・ヘルスマネージ大麦若葉青汁にはアレルギーや副作用の危険は!?

ヘルスマネージ大麦若葉青汁は、コレステロールや糖分、脂質が体内に吸収されるのをカットしてくれるキトサンが配合された人気の青汁です。
しかしこのキトサンは、カニや殻由来のチキンを加工して作られた不溶性食物繊維なので、カニなどの甲殻類アレルギーがある方は注意が必要な成分です。
通常の青汁であれば、まず甲殻類アレルギーの心配はありませんが、ヘルスマネージ大麦若葉青汁にはキトサンが入っているので注意しましょう。
ヘルスマネージ大麦若葉青汁には他に、無農薬で栽培された有機大麦若葉や抹茶、還元麦芽糖などが配合されています。
これまでに他の青汁を飲んだことがある方はまず問題はないと思うのですが、大麦若葉などの野菜でアレルギーを起こす人が稀にいます。
また、大麦若葉には食物繊維が豊富に含まれるので便秘解消に役立つものの、中にはそれにより一時的にお腹が緩くなってしまう人もいます。

・ヘルスマネージ大麦若葉青汁を飲む際の注意点

ヘルスマネージ大麦若葉青汁にはキトサンが配合されているので、甲殻類アレルギーがある人は医師と相談してから飲むようにしてください。
大麦若葉によるアレルギーや食物繊維による一時的な下痢などの症状も稀に見られるので、青汁を初めて飲む方は念のために注意してください。
ヘルスマネージ大麦若葉青汁は1日3袋が目安となっていますから、毎食後や毎食前に飲むのを習慣にするといいですね。
それ以上、極端に多く飲まなければ、まず副作用などが起こる心配はないでしょう。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁は、甲殻類アレルギーがある方以外は、まず大きな副作用などの心配はありません。
コレステロール低下や肥満予防などのためには、コツコツと毎日飲むことが大切なので安心して続けてください。

現代人特有の野菜不足対策にはヘルスマネージ大麦若葉青汁

厚生労働省が推奨する1日の野菜の摂取量は350グラムですが、これをクリアしている人はほとんどいないのではないでしょうか。
コンビニやファーストフード店などがあふれ便利な社会になるにつれて、現代人はどんどん野菜不足になっています。

・現代人は深刻な野菜不足に!摂っているつもりでも・・・

日本では野菜不足が年々深刻になっています。
国連の調査では、ジャンクフードばかり食べているというイメージがあるアメリカ人よりも、日本人の方が野菜を食べる量が少ないという結果になっています。
日本人の野菜不足は若者世代だけではなく、小さな子供から中高年の方まで深刻な状態です。
食の欧米化が野菜不足の一因だと言われています。
1990年代から2000年代にかけての食の欧米化は急激に進み、肉や脂質の摂取量がグンと増えました。
さらに、現代人の野菜不足を深刻にしているのは、コンビニやファーストフード、加工食品などの便利な食べ物です。
子供も大人も毎日とても忙しく、手軽で美味しいお弁当や冷凍食品、外食が大人気です。
また、野菜を食べても昔の野菜と比べて野菜自体の栄養価が低下しています。
安定した収穫量を実現するために、化学肥料や農薬を使用して作られた野菜は、栄養価が非常に少ないのです。
コンビニなどで野菜サラダを買って食べても、ほとんど栄養価は期待出来ません。

・ヘルスマネージ大麦若葉青汁は現代人特有の野菜不足対策に最適!

ヘルスマネージ大麦若葉青汁は、このような現代人特有の野菜不足対策に最適です。
ヘルスマネージ大麦若葉青汁には、栄養価の高い無農薬の有機大麦若葉がメインで配合されています。
大麦若葉はミネラルやビタミン、食物繊維などがバランスよく豊富に入っています。
どれか1つの栄養素が突出して含まれているのではなく、バランスよくふくまれていることが大麦若葉の魅力です。
大麦若葉には味にクセがないことも魅力で、ヘルスマネージ大麦若葉青汁にはさらに抹茶がプラスされているので美味しく続けられます。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁なら、美味しく飲めて健康のために必要な栄養素がバランスよく摂れます。
忙しい現代人の健康を支えてくれる青汁です。

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁(キトサン)バナーimp

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン
大正製薬

抹茶配合だからお茶そのもの?ヘルスマネージ大麦若葉青汁は美味しい

身体に良いと分かっていても味がまずいものは長く続けることができませんが、ヘルスマネージ大麦若葉青汁は味が美味しいことも人気の理由です。
抹茶配合でお茶みたいにごくごく飲めると好評です。

・ヘルスマネージ大麦若葉青汁には抹茶も!お茶みたいに飲める!

ヘルスマネージ大麦若葉青汁は、誰でも無理なく続けられるようにと美味しさにもこだわっています。
栄養豊富な野菜には、どうしても味にクセがあるものが多いです。
良薬は口に苦し、という言葉があるように、青汁も苦くてまずいものがたくさんありました。
しかし、それではなかなか長くは続けられません。
ヘルスマネージ大麦若葉青汁は、子供からお年寄りの方まで毎日美味しく続けられるようにと抹茶をプラスしています。
緑茶を粉末状にした抹茶は、緑色が鮮やかで香りも良く、渋みが少ない美味しいお茶です。
高級スイーツなどにも良く使用されています。
緑茶が粉末になっているので茶葉に含まれているカテキンやビタミン、テアニンなどの栄養素も丸ごと摂れることも魅力です。
ヘルスマネージ大麦若葉青汁は抹茶入りなので、青汁特有の苦味やクセもなく後味もスッキリと飲みやすいと好評です。

・クセがなくて飲みやすい大麦若葉が主原料!

ヘルスマネージ大麦若葉青汁が飲みやすいのは、大麦若葉が主原料であることも大きな理由です。
青汁の素材として有名なのはケールですが、確かにケールは野菜の王様と言われるだけあって栄養価が高い野菜です。
しかし、苦味やクセがとても強いことがデメリットです。
大麦若葉はそこまでの苦みやクセもなく、ビタミンやミネラルなどもバランスよく入っています。
食物繊維はケールよりも圧倒的に多く含まれており、他の栄養素もケールには劣るもののまんべんなく摂ることができます。
味にクセがないことから最近の青汁には、大麦若葉がメインで配合されたものも多くあります。
これまでケールの青汁が続けられなかったという方にもおすすめです。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁なら、抹茶に苦手意識を持っていた方も美味しく続けられそうです。
長く続けるためには美味しいことも大切ですね。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁(キトサン)の口コミや評判をチェック!

大正製薬から発売されているヘルスマネージ大麦若葉青汁(キトサン)の口コミや評判を調べてみました。

・便通が良くなった!

年齢とともにコレステロール値が気になり始めたので、キトサン入りというこちらの青汁を試してみることにしました。
まだ飲み始めたばかりなので、コレステロールの数値に変化があったかどうかは分からないのですが、便通が良くなりました。
これもキトサンの効果でしょうか。しばらく続けてみようと思っています。(50代男性)

・飲みやすい青汁!

これまでいくつかの青汁を飲んだことがあります。
明日葉や大麦若葉が入っているいくつかのメーカーを飲み比べしてみたのですが、こちらの青汁が一番美味しかったです。
飲みやすい青汁だと思います。(40代女性)

・太りやすい私にぴったり!

20年ほど前に初めて青汁を飲んだのですが、本当にまずくてとても続けられませんでした。
それからいろんな青汁を飲んでみたのですが、キトサン配合の青汁はとても魅力的でした。
とても溶けやすくて飲みやすいです。
キトサンのおかげか太りやすい私ですが、食べ過ぎても体重がキープできています。
私にはぴったりの青汁です。(50代女性)

・お茶みたいに美味しい!

最近太りやすくなり、コレステロールや血中脂肪の数値も高めだったので、試してみることにしました。
コレステロール低下が期待できるトクホの青汁とあって、とても期待していました。
さらさらとした粉末で水にさっと溶けます。
ほんのりとお茶の良い香りがして、青汁特有の青臭さは全くありませんでした。
飲んでみると苦味などもなくてとても飲みやすいです。
お茶に近い青汁です。まだ長く飲んでいないので数値などに変化があったかは不明ですが、お茶のように飲みやすい青汁なので続けて生きたですね。(40代男性)

このようにヘルスマネージ大麦若葉青汁(キトサン)の口コミでは美味しい飲みやすいという声が多かったです。
トクホの美味しい青汁を毎日の健康に役立ててみて下さい。

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁(キトサン)バナーimp

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン
大正製薬

血糖値が気になったらヘルスマネージ大麦若葉青汁を始めよう

コレステロールを低下させる働きがあるキトサンが配合されたヘルスマネージ大麦若葉青汁は、血糖値が気になっている人にもおすすめです。
中高年になるとコレステロールや血糖値などが高めになりますが、ヘルスマネージ大麦若葉青汁が強い味方になります。

・ヘルスマネージ大麦若葉青汁は血糖値が気になる方にも!

ヘルスマネージ大麦若葉青汁には、有機大麦若葉にキトサンもプラスされた青汁で、コレステロールの低下が期待できる他、血糖値が高めな方にも嬉しい効果を発揮してくれます。
甘いものやご飯や麺類などが好きな方や、外食することが多く揚げ物やラーメンなどの高カロリーな食事を好んで食べている方は、血糖値が高めになり糖尿病などのリスクも上がるので要注意です。
30代40代になれば若い頃のように食べていては、すぐにコレステロールや血糖値などの問題が出てきます。
仕事が忙しい方は食事の時間が不規則になりがちで、食べる時にはお腹いっぱいになるまで食べる、という方も多いですがこのような食生活も問題です。
血糖値を下げるためにはこのような食生活を改めることが必須ですが、ヘルスマネージ大麦若葉青汁を始めればスムーズに血糖値が下がるのをサポートしてくれます。

・キトサンが不要なものを排出してくれる!

ヘルスマネージ大麦若葉青汁には、コレステロールや糖分や脂質が吸収されるのを抑制する働きがあるキトサンが含まれています。
胆汁酸というコレステロールから作られる物質にキトサンがくっついて排出するのでコレステロールが活性化されて、結果的にコレステロールが低下します。
また、食事で摂り過ぎた糖分や脂質にもキトサンがくっついて身体の外に排出したり、糖分の吸収を遅くしてくれる働きもあります。
キトサンは動物性の食物繊維で胃の中でゲル状になり、胆汁酸や糖質、脂質、さらに余分な塩分や有害な毒素など、不要なものを排出してくれる働きがあります。

食べることが大好きで血糖値が気になっている方は、ヘルスマネージ大麦若葉青汁を始めてみてはいかがでしょう。
水に溶かして美味しく飲むだけなので手軽に続けられます。

中高年からのメタボ対策にヘルスマネージ大麦若葉青汁が良い

30代から50代の男性に多いと言われているのがメタボリックシンドロームです。
メタボリックシンドロームになると生活習慣病になるリスクもグンと上がります。
実際メタボから高血圧や糖尿病などになる方がとても多いので早めの対策が必要です。

・メタボになりやすい人とは!?

ヘルスマネージ大麦若葉青汁は、30代から50代の男性のメタボ対策にもおすすめです。
この年代の男性は、毎日仕事が忙しく運動不足になりやすく食生活も乱れがちです。
昼も夜もお付き合いで外食をする機会も多くなり、自然と高カロリーで野菜の少ない偏った食事が続きやすいですね。
若い頃なら代謝も良いのでそれほど大きな問題にはならないかも知れませんが、30代くらいからは代謝もガクンと落ちてきます。
このような生活を続けていればあっという間に脂肪が蓄積されます。
メタボとは、内臓脂肪型の肥満があることに加えて、高血糖や高血圧または脂質異常のうち、どれが2つ以上の症状が見られることです。
メタボは40代以降の女性も要注意です。
更年期になると女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急激に減少します。
このエストロゲンには食欲を抑える働きがあるので、更年期になり減少すれば食欲が増加して内臓脂肪がつきやすくなります。
お腹周りにお肉がつきやすくなったと感じている方は注意してください。

・ヘルスマネージ大麦若葉青汁は中高年からのメタボ対策にも!

ヘルスマネージ大麦若葉青汁は、このような中高年からのメタボ対策に役立つキトサンが配合された青汁です。
キトサンには内臓脂肪の原因となる食事から摂った余分な糖質や脂質、コレステロールの吸収を抑えてくれる働きがあります。
コレステロール低下に役立つと認められたトクホの青汁で、飲みやすさにも定評があるのでおすすめです。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁で早めのメタボ対策をしましょう。
適度な運動や食事の改善ももちろん大切で、そこに1杯の青汁をプラスして健康な身体を目指してください。

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁(キトサン)バナーimp

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン
大正製薬

スポンサーリンク